M&A選択の合理性について

M&A選択の合理性について

 

買収側企業にとって最大のメリットは、新規に事業を行う際に時間やリスクを大幅に減らすことが出来る事です。

その他には、新規の設備投資などを必要としないところにもあります。

また、M&Aによって、生産、技術、資本及び販売等の面でシナジー効果が期待できます。

 

近年では日本企業が関係するM&Aの件数は増加傾向にあり、特に2006年には1兆7000億円を超える大型買収も行なわれました。

この様な有名企業のM&Aが目立つ様になりましたが、中小企業にも確実に広まってきています。

事実、中小企業を含む未上場企業が関係しているM&Aの件数が総数の約7割を占めております。

 

売却企業の殆どは中小企業で、その根拠については以下2点が大部分を占めます。

 

 

 

そして、この様な局面ではM&Aが合理的と言えます。

 

しかし、M&A業界は欧米との比較では20年遅れており、未だ黎明期です。

売却及び買収企業の双方企業の経済合理性の追求の為には、日本のM&Aについては法律面や制度面、

M&Aを支える関係企業の取り組み等、まだまだ改善・対処しなければならない課題が山積しています。

 

その様な中でも、ヴェリタス・パートナーズでは、クライアント企業様の長期的視点に適合した以下2点を主軸に完成度の高いサービスを実現し、

クライアント企業様との長期的パートナーとしてサービスを提供致します。